iPhone修理の費用を抑える方法を伝授!非正規店のメリット

ロゴ

水没してもまだ間に合う

水没したiphoneは、中の基盤の状態次第では修理専門店などで直せる可能性があります。完全にショートしていなければ、データを残したまま異常のあるパーツだけを取り換えて直せるからです。しかし中の状況にもよるので100パーセント直せるという断定はできないので覚えておきましょう。これはパソコン修理業者にも同じことが言えるので、絶対直せる!のセールストークには気をつけておくべきですね。

iPhoneで壊れやすい箇所

  • 液晶画面
  • ドックコネクタ
  • カメラレンズ
  • ホームボタン
  • バッテリー

非正規店を利用するメリット

対応が早い

非正規店でiPhone修理を依頼することのメリットとして対応の早さがあります。正規店だと修理待ちや郵送期間で時間を取られてしまう可能性もありますが、非正規店の場合30分ほどで修理を行なうことも出来るのです。

費用が安い

非正規店はパーツの交換を行なうだけなので作業コストが掛かりません。そのため修理費用を安く設定することが出来るのです。費用を安くしているのは利用者のことを考えているからなのです。

データが残りやすい

正規店ではリフレッシュ品と交換することで修理を完了させることが多いです。しかし非正規店は壊れたパーツを交換するだけなので、データを残しておける可能性が高いとされています。大事なデータを残せるのも非正規店の魅力と言えるでしょう。

サービスが良い

非正規店ではいろんなサービスを用意しています。利用者のニーズ合わせてサービスを利用することが出来るため利便性が高いです。その他にもお得なプランなどいくつもありますよ。

割引が多い

割引の多さも非正規店のメリットと言えます。期間限定で行なわれているキャンペーン割引などもあり、お得にサービスを利用することが出来るようになっています。ネット予約特典などの割引もあるので調べてみましょう。

iPhone修理依頼内容ランキング

no.1

画面割れ

画面割れはiphoneに限らずスマートフォンを持っている方の多くが経験します。画面が液晶パネルになっているため割れやすく、握りやすさを重視したコンパクトな大きさなためうっかり落としてしまうことも多いとされています。そのため修理依頼として画面割れが一番になっているのです。

no.2

充電ができない

充電ができないという症状で修理依頼を行なう方も多く、故障の原因としてコネクタ部分が錆びていることが一般的です。軽い錆であれば磨けば直せますが、錆びの浸食が進んでいるとパーツ交換となる可能性もあるため修理専門業者に依頼する方が多いのです。

no.3

カメラの不具合

カメラのレンズにひびが入り、写真が撮れなくなる症状も修理業者ではよく見かける光景です。ひびが入っていることが一目で分かれば修理も簡単ですが、レンズではなく基盤が異常を起こしている可能性もあるため、修理には高い技術力が必要となるため業者に相談するのです。

no.4

ホームボタンの異常

iphoneの画面中央より少し下にくぼんだボタンがあります。これはホームボタンと呼ばれているボタンで操作には欠かせない重要な役割を持っています。押しても反応が無い、指紋認証が効かないなどの問題がありますが、修理自体は10分ほどで完了できる内容となっており、修理依頼も多い症状です。

no.5

スピーカーの故障

音が割れていたり、音量を上げても音が鳴らないといった症状で修理を依頼する方も意外と多いです。スピーカーが壊れているとマナーモードを解除した時に全く音が鳴らなくなってしまうため仕事に支障が出てしまいます。こうした理由がランキング5位に選ばれた理由になっているのです。

低価格高品質のiPhone修理専門店を活用

電子機器

液晶画面の破損

iphoneを落として液晶画面が割れてしまった方も数多くいるでしょう。このような画面破損はiphoneの保証に加入しておくことによって直すことが出来ます。しかし、最近ではiPhoneの画面修理を行なう業者が増えてきたおかげで、保証がなくても修理が可能になっています。

正規店と非正規店

正規店と比べて非正規店は安全性に欠けると言われていますが、そのようなことはありません。確かに非正規店の中には悪徳業者のようなサービスを提供していることもありますが、大宮のiPhone修理店は高品質で低価格のサービスを提供しています。

広告募集中